ペット資格通信専門校「日本ケンネル」

日本ケンネルのロゴ

日本ケンネルカレッジはペット系資格専門校です。動物に関するあらゆる資格の取得が可能な講座を取り揃えています。

専門学校が運営する通信講座のため、テキスト類が充実していて、添削もプロの講師が行っていることが大きな特長です。

また、一番のポイントは何と言ってもスクーリング制度があることで、これにより通常の通信講座ではなかなか学ぶことのできない、本物の実技がしっかりと身に付けられるようになっています。遠方からスクーリングに参加する場合には、グループのホテルが無料で利用できるところもうれしい点です。

日本ケンネルカレッジの詳細はこちら

8つの教育施設

日本ケンネルカレッジは、国内最大級の施設を保有するペット教育グループの、「つくば国際ペット専門学校」の直営通信講座です。

8つの施設、団体、機構が、あるのでスクーリングなど実技講座は安心して受けられます。

日本ケンネルのグループ

マスターコース

マスターコースのテキスト

日本ケンネルのマスターコースはドックトリマーや動物看護師などの資格をピンポイントで一つずつ集中して取得していくコースです。

マスターコースで受講できる講座は老犬介護士養成専門講座、動物看護士養成専門講座、ドッグトリマー養成専門講座、ドッグトレーナー養成専門講座、ドッグブリーダー養成専門講座、です。

ペットの寿命も伸び、高齢化したペットを介護するための老犬介護士や動物看護師といった資格も人気です。

いずれも専門的な知識を身に付けられるよう教材に工夫が凝らされており、通信講座終了後には実技のスクリーニングを受けることもできます。最初からなりたい専門職が決まっている人にはオススメのカリキュラムです。

エキスパートコース

マスターコースのテキスト

エキスパートコースは複数の資格を取って専門的なスキルを習得するコースです。受講できる講座はペット看護介護学科、ペット美容学科、ペットトレーニング学科、ペットブリーディング学科、ペットビジネス総合学科です。

ペット看護介護学科では「動物看護士」のライセンス取得の他に、「老犬介護士」の資格も取得します。近年のペットの高寿命化に対応でき一線で活躍できる人材への支援を行います。

ペット美容学科では「ドッグトリマー」と「動物看護士」の資格を目指します。ペット美容室を運営する場合はトリマーの資格だけでなく、動物看護士の資格があればペットの健康を気遣える運営が行なえます。実際トリマーの仕事はシャンプー、カット、ブラッシングだけでなく爪切り、耳掃除、肛門腺絞りなども含まれています。

ペットトレーニング学科では「ドッグトレーナー」と「動物看護士」の資格。トレーナーとして健康管理から飼い主のマナーまで幅広い知識を学習できます。

ペットブリーディング学科では「ドッグブリーダー」と「動物看護士」の資格。ブリーダーを目指す方がトータルな知識を学べます。

ペットビジネス総合学科では上記すべての資格を取得します。ペット業界進出を検討中の企業やペット業界を支える企業のコンサルティング業務に繋がるスキル・資格が身につきます。

プライマリーコース

マスターコースのテキスト

日本ケンネルのプライマリコースではドッグスポーツと老犬介護を手軽に学ぶことができます。

デスクドックトレーナー講座は、フリスビードッグを育てる為の愛犬への教え方や、フリスビーを上手に投げるコツなどが紹介されています。

アジリティートレーナー講座では、障害物クリアの正確性とタイムを競うアジリティーという競技を、愛犬と一緒に学ぶことができる講座で、応用講座もあります。

ドックヘルパー講座では、日常行う健康チェック、栄養学の基礎などが学べ、愛犬の健康維持のために知識を身につけるものです。

シニアドックヘルパー講座では、老犬のケアと介護が学べます。老犬にとって質の良い生活環境の構築、寝たきりになった時の対処法等、飼い主として愛犬に最適な老後環境を整えるための知識を習得します。これらの講座は特に資格を取得するためのものではなく、知識を増やし愛犬と楽しく快適な生活を送るためのものです。

ベーシックコース

お得な価格でスキル習得を目指せるベーシックコースは基礎から学びたいという場合に最適なコースです。ドックトリマー基礎講座とドックトレーナー基礎講座の2講座になります。

各講座、JCSA認定の「ドッグトリマー プライマリーライセンス」、「ドッグトレーナー プライマリーライセンス」が取得できます。

迷ってる方は無料体験キット

日本ケンネルのDVD

日本ケンネルの受講を迷ってる方は無料体験キットで、どんな講座内容なのか試す事もできます。

無料体験学習キットの内容は、「看護」「美容」「しつけ・訓練」「繁殖・飼育」の4分野。自身がどの講座を受講するかもこれを体験してから決めるのもいいかもしれません。

日本ケンネルカレッジの無料体験キットはこちら