動物にかかわる仕事

いろいろな動物の仕事

ここでは動物に関わるいろいろな仕事を紹介します。

国家資格がなければつけない仕事や資格がなくてもできる仕事など様々な仕事があります。

ここではその一部を紹介します。

獣医師

獣医

動物と人間が暮らしていく上で欠かせない職業が獣医師です。動物の病気やけがの治療、病気の研究だけではなく、肉・魚・乳製品の安全検査機関で働いている獣医師もいます。診療するのは犬や猫だけなく、ウサギやインコなどのエキゾチックアニマルや動物園にいる大型の動物、牛・馬などの産業動物まで様々な動物の健康管理を行います。ペットブームにより、飼育数が増えているうさぎや爬虫類を専門にしている動物病院も増えています。

獣医学課程のある大学で学び、国家試験に合格することで獣医師になることが出来ます。試験合格後は動物病院や動物園、水族館に就職するのが一般的ですが、保健所や食肉衛生検査所畜産試験場、製薬会社、ペットフード会社などで働くこともでき、活躍の場は広いといえます。

動物園・水族館飼育スタッフ

動物園

動物園、サファリパーク、水族館などで動物の飼育や健康管理を行う仕事です。動物舎や水槽の掃除・点検・修理、入園者への説明、動物の調教など、動物たちが快適に過ごせるよう整備する、入園者たちに楽しんでもらえるように試行錯誤するのも飼育スタッフの仕事です。

飼育スタッフになるために必要な資格はありませんが、畜産系の学科や動物専門学校、水棲生物について学べる学校などで学んでおくことが大切です。飼育スタッフの募集は数が少なく毎年募集があるというわけでもないですし、採用数も少ないため競争率は高いです。

県立や市立の動物園、水族館なら地方公務員試験に合格する必要があります。潜水が必要な動物のお世話をする際には潜水士やダイビングの資格が必要です。また、学芸員の資格を持っていると就職には有利になるようです。

野生動物保護員

動物学者のイラスト

野生動物の保護や生息環境の保全を行うのが仕事です。怪我や病気になった動物を保護した時には治療も行います。野生動物の保護、生息地の確保や保全には科学的なデータが必要になるため、野生生物の数や分布、生息環境、食性、繁殖状況などの調査を行うのも野生生物保護員の仕事です。その他にも、森林や農作物に野生生物がどのように影響しているか、外来種の動物による被害の調査などがあります。

野生生物保護員の仕事は、日本ではまだまだ認知度が低い職業です。就職先も非常に少なく、ボランティアで活動している方もいます。 野生生物保護員に必要な資格はありませんが、獣医学や生態学、動物学、環境学科などの幅広い知識が必要になります。

家畜人工受精師

牧場

家畜人工受精師は牛や豚などの家畜の人工受精・受精卵移植を行う方のことです。

ただ繁殖させるのではなく、肉質の良い安定した食肉や牛乳を供給するために健康な質の良い家畜を産ませることが第一条件になります。また、新しい品種を作り出して品質の向上を図ることも欠かせません。

家畜人工受精師は国家資格であり、家畜種類別の家畜人工受精に関する講習会を受講した後に修了試験に合格する必要があります。講習内容は各都道府県によって異なるので確認してください。

犬猫保護施設スタッフ

犬と猫

様々な理由により野良になってしまった、悲惨な環境で飼われている、飼育放棄されている犬猫を保護し、新たな里親を見つける活動をするのが仕事です。里親に譲渡するまでの間に、怪我や病気の治療、人間不信になっている動物の心のケア、しつけ、里親探しのための情報発信などが主な活動内容です。近年では犬猫だけなく、ウサギなどの小動物の保護を行っている所もあります。

犬猫の保護は各都道府県の保健所や動物愛護センターも行っていますが、飼い主か引き取り手がいなければ処分されてしまいます。そのような事を少しでも減らそうと活動しているのが民間のNPO団体やボランティア団体です。とても意義のある仕事ですが、ペットの現状を知って辛くなり、辞めてしまう方も少なくありません。ボランティアとして参加できる団体もありますので、先ずはボランティアから始めるのが良いと思います。

管理人おすすめは「たのまな」

たのまなのロゴ

「たのまな」はヒューマンという専門学校を母体とする会社ですが、「ヒューマン」は街で見かけたり、テレビCMで見たことがあるのではないでしょうか?

たのまなではトリミングプロ養成、動物看護師をはじめ動物関連講座が10種類以上。数あるたのまなの資格の中でも動物系資格が充実しています。

わかりやすく、そしてスキルが身につきやすい講座・教材で「未経験からプロを目指す、本物の通信講座」というコンセプトを徹底しています。

たのまなは管理人おすすめ講座ですが、資料請求は無料なので、まずは詳しく調べるのがおすすめです。

たのまなはこちらから