ドックトレーナー

犬の散歩をする人

ドッグトレーナーとは、犬訓練士とも呼ばれ、犬にしつけをし、人間との生活のルールを教えたり、特別な訓練をして仕事を覚えさせたりするのが仕事です。ドッグトレーナーと犬訓練士は、ドッグトレーナーは家庭犬の、犬訓練士は使役犬という人のために仕事をする犬の訓練をするトレーナーと区別されることがありますが、厳密に決められているわけではありません。専門学校や動物関連の協会でも呼称はまちまちですから、家庭犬か使役犬か、総称としているのか、よく確認する必要があります。ここでは、総称としてドッグトレーナーと表記します。

ドッグトレーナーの具体的な仕事内容は、対象が家庭犬か使役犬かによって変わってきます。家庭犬のドッグトレーナーでしたら、飼い主さんから犬を預かるか、飼い主さんと一緒にしつけを行います。その犬の問題点や性格、飼い主さんの希望をよく聞き訓練内容を決めます。犬に対する訓練だけでなく、飼い主さんに犬と生活していく上でのアドバイスや問題点の改善を促すこともあります。数日に亘って預かりをする場合もありますから、そのお世話、犬舎やケージの掃除、飼い主さんへの報告なども行う事があります。

盲導犬訓練士だけじゃない

盲導犬

使役犬のドッグトレーナーは、どんな使役犬を育てるかにも仕事内容は変わりますが、どのようにそのドッグトレーナーになるかが大きく異なります。 使役犬の代表でもある盲導犬を例にしてみると、盲導犬訓練士学校に入るか、全国にある盲導犬協会に就職するか、になります。しかし、どちらも募集人数がとても少なく、毎年募集があるとは限りません。また、学校卒業・協会へ就職したからといって、必ずしも盲導犬訓練士になれるというわけでもありません。 次に警察犬の場合、警察犬には直轄警察犬訓練士と嘱託警察犬訓練士があります。直轄警察犬訓練士になるためには、ます警察官試験に合格することが課題になります。その後、警察官となり、鑑識課に配属される必要があります。嘱託警察犬訓練士になるためには、民間の警察犬訓練所に就職して腕を磨きます。 家庭犬のしつけを中心にするドッグトレーナーや民間の訓練所で働くためには、専門学校で学んだ後で就職するか、働きながら一から学ぶという選択肢があります。

このように、ドッグトレーナーといってもなり方や働き方は変わってきます。まずは、どんなドッグトレーナーになりたいのかをきちんと決めることが大切です。

ドッグトレーナーの給与・求人内容

給与と求人

ドッグトレーナーの求人数は、あまり多くはありません。まず、犬のしつけや訓練を請け負っている企業の数が少なく、個人経営のところも多いため求人数は少ないです。犬の幼稚園やドッグサロン・ホテルにてしつけも行っているお店の需要がある所でしたら、多少探しやすくはなります。

そんな求人を見てみると、給与はアルバイト・パートで時給700円から900円、正社員だと月収12万から20万程のようです。しかし、どれも実務経験者、ドッグトレーナー資格所持者、専門学校卒業が応募条件にあることがほとんどです。企業が求めているのは即戦力になれる方という事になります。  経験がない方や専門学校を卒業したばかりで経験が浅いという方は、まずドッグトレーナーや訓練所に見習いとして働かせてもらう事になると思います。もちろん、きちんとした労働時間でそれなりの給与を得られる所もありますが、ほとんど休みなく住み込みで働き、給与はおこづかい程度なんて話はよくあります。一人前のドッグトレーナーになるには、最低でも5年は働かなければいけない、と言われます。犬も人と同様、性格も個性も様々ですから、それに対応できるようになるのに5年はかかるという事です。そしてやっと独立できるようになるのです。独立し、本の出版やしつけDVDの販売、講演会、しつけ教室などで成功を収めている有名ドッグトレーナーは数多くいらっしゃいます。

厳しい世界ではありますが、そのような壁を乗り越えてこそ良いドッグトレーナーになれるのでしょう。

ドッグトレーナーに必要な資格

資格

ドッグトレーナーの資格は民間資格なので絶対に必要な資格という物はありません。独立・開業の際には第一種動物取扱業者の登録と動物取扱責任者の配置が必要にはなります。

しかし、何の資格もないと、開業の際に一見して実力を証明できる物が何もないという事になってしまうでしょう。

ドッグトレーナーの資格としてよく挙げられている資格は、日本動物病院協会(JAHA)が主催の「JAHA認定家庭犬しつけインストラクター」、ジャパンケネルクラブ(JKC)の「公認訓練士」、日本ドッグトレーナー協会の「ドッグトレーナーライセンス」、日本動物衛生看護師協会の「コンパニオン・ドッグ・トレーナー(家庭犬のしつけ訓練士)」、日本警察犬協会の「公認訓練士」です。

JAHAのJAHA認定家庭犬しつけインストラクター、日本ドッグトレーナー協会のドッグトレーナーライセンス、日本そう物衛生看護師協会のコンパニオン・ドッグ・トレーナーは一般的な家庭犬のしつけを目的としたドッグトレーナーの資格です。民間の企業や訓所で働く時に有利になるでしょう。

JKCの公認訓練士は資格の種類が、訓練準士補から訓練師範までの六種類あり、それぞれに細かな受験資格が設定されています。また、訓練のカテゴリーが「家庭犬」「警備犬」「FCI国際訓練試験(IPO)」と分かれており、上級になるほど訓練実績が必要になります。 日本警察犬協会の公認訓練士は、警察犬の訓練士のための試験になります。三等訓練士から最高位の一等訓練士長の五つの階級に分かれており、下の三等訓練士から順次昇格していきます。

通信講座でドッグトレーナーの資格を取得

たのまな

ドッグトレーナーの資格を取得するためには、それぞれの協会が行っている通信講座や認定校などで勉強し取得することができます。ドッグトレーナーの養成を目的とした専門学校の学科もたくさんありますので、自分が通える所にある専門学校ではどのトレーナー資格が取得できるのか確認してみましょう。

悩みやすい学校選びのポイントとしては、どんな訓練を教わることができるのか、卒業までに何頭の犬を訓練できるのかが重要になります。訓練の仕方は、学校や講師によって大きく変わります。虐待と思われるような厳しい訓練方法を今でも行っている所もありますし、最大限に褒めながら訓練を行っている所もあります。また、生徒人数が多い学校では数人で一匹を訓練する、すでに訓練されている犬を使う所もあり、卒業までにほとんど犬に触れられなかった、まともに訓練の練習を出来なかったという話もあります。入ってから、訓練方法に疑問を持ったり、犬の数が少なくて不満を感じたりしないようにしたいですね。

どうしても通学は出来ない、費用を抑えたいという方には通信講座がお勧めです。ヒューマンアカデミーのたのまなには、ドッグトレーナー講座があり、日本ペット技能検定協会の「家庭犬トレーナー2級」だけでなく、「セラピードッグトレーナー」「ペットロスケアアドバイザー」、三つのライセンスを同時に取得できます。さらに、試験も試験会場にいく必要がなく、自宅で受験出来るので忙しい方にも良い講座です。

たのまなはこちらから