ドック(キャット)シッターの仕事とは

犬の散歩

ドッグシッター、キャットシッターとは、主に飼い主さんが様々な事情により、ペットの世話が出来ない時に自宅へ訪問し、飼い主さんの代わりにペットの世話をするのが仕事です。ベビーシッターのペット版と考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

近年、ペットと一緒に宿泊出来る施設が多くなり、かつ増加し続けています。旅行を、ペットと共に楽しむ方もたくさんいらっしゃいます。しかし、どこにでもペットを連れて気軽に旅行できるまでにはなっていませんし、仕事で家に帰れない、世話が出来ないからといって職場に連れていくことも難しいでしょう。その他にも、飼い主さんが病気・怪我で動けない、環境の変化に敏感で旅行に連れて行けない、ペットホテルを嫌がるなどといった理由でお世話の代行を依頼されます。

主な仕事内容

猫の毛の掃除

ドック(キャット)シッターの仕事の主な仕事内容は散歩・ご飯・トイレ・トイレ掃除・遊び・ブラッシングと、飼い主さんが普段行っている世話の代行です。犬、猫の依頼がほとんどですが、うさぎ、金魚、爬虫類などの特殊なペットの依頼も増加傾向にあります。そのため、ドッグ(キャット)シッターと種類を限定しないペットシッターという名称でも呼ばれます。どんな動物にでも対応できる事が、今後重要視されるのではないかと思います。

一通りのお世話を終えたら、お世話の内容・ペットの様子を飼い主さんへ報告します。写真や動画を撮って、リアルタイムで確認してもらうという所もあります。 また、ペットのお世話と一緒に、植物への水やり、新聞・郵便物の取り込み、家の換気、照明の点灯消灯を行う場合もあります。

近年ではペットの高齢化が進み、介護が必要なペットも増えており、介護の代行を行っているペットシッターもいます。

仕事内容は基本的なお世話になりますので、動物が好きな人であればどんな人にでも出来ると紹介されることが多い仕事ではありますが、自宅の鍵を預かってペットのお世話をすることになるので、飼い主さんとペットとの信頼関係を築くのが最大の問題といえます。

ドッグ(キャット)シッターの求人と独立

求人

ドッグ(キャット)シッター、ペットシッターは個人で運営しているところが多いですが、シッターの派遣会社やチェーン展開している会社もあります。ペットシッターの需要が多い都市部であれば求人は探しやすいです。パート、アルバイト求人が多く、経験も資格もなくても始められるため、主婦の方にお勧めとされています。しかし、実務経験者、または動物系資格所持者のみ応募可能と厳しく提示している企業もあります。

経験を積めば、独立することも出来ます。ドッグ(キャット)シッターとして開業するには動物取扱業の登録と動物取扱責任者の配置が必要になりますが、シッター独自の資格で絶対に必要な物はありません。シッターは自宅に訪問しお世話をするので、特別な設備なども必要なく、自宅で開業することも出来ますし、企業とフランチャイズ契約して開業することも出来ます。

給与はパート、アルバイトなら時給800円から1300円、正社員なら月給15万から20万ほどになります。また、歩合制の所もあり、一件当たり1000円から2000円ほどになるようです。

ドッグ(キャット)シッターにとって重要なのは信頼関係の構築です。飼い主の方にペットを預けられないと思われたり、ペットとの相性が悪かったりすれば、簡単に契約の打ち切り、担当替えになります。ペットとだけでなく、人とのコミュニケーション能力も高くないといけません。

散歩中に怪我をしたり、怪我をさせたり、脱走させてしまったりすることもあります。ペットといえども飼い主さんにとっては家族同然です。責任感を持ってペットのお世話をしましょう。

ドッグ(キャット)シッターに必要な資格

資格

ドッグ(キャット)シッターに特化した資格は、いくつか種類がありますが、どれも民間資格ですので絶対に必要というわけではありません。求人でも資格はあった方がいいけれど無くても可という所が多いです。加えて、開業する場合でも第一種動物取扱業者の登録と動物取扱責任者の配置さえできれば、ドッグ(キャット)シッターの資格は無くても可能です。

しかし、何の資格もない、経験がどれだけあるのか分からない人に自宅の鍵とペットを預けられるでしょうか。初対面で飼い主さんの信頼を得るためにもドッグ(キャット)シッターの資格を、一つは取得しておきたい所です。

ドッグ(キャット)シッターの主な資格には、日本ペットシッター協会が主催の「ペットシッター士」、全国ペットシッター協会(NAP)の「認定ペットシッター資格」、日本ペット技能検定協会の「ドッグシッター資格」「キャットシッター資格」が挙げられます。どれも比較的合格率が高く、短期間で取得できる資格ではありますが、協会が指定したカリキュラムを受けなければ受験出来ないという所もありますので、きちんと確認する必要があります。

この他に、今後需要が増えていくであろう、ペットを介護するためのペットヘルパー資格やブラッシングを行う時のためにトリマーの資格があると尚良いようです。ただ単にお世話するだけなら誰でも出来ます。他とは違うサービスを提供できるようになることで、顧客の獲得、リピーターの増加を望めるようになるでしょう。

ドッグ(キャット)シッターの資格が取得できる学校・通信講座

たのまな

ドッグ(キャット)シッターの資格が取得できる学校はいくつもありますが、日本ペットシッター協会と全国ペットシッター協会はそれぞれで通学学習や通信講座を展開しています。

日本ペットシッター協会の場合、通信講座・通学コース・特別講習会受講・カルチャースクール講習と四種類の資格取得方法があります。通学コース、特別講習会受講では東京で講習を受けることになりますので、東京へ通う事が難しい方には不向きです。しかし、カルチャースクール講習では全国各地のカルチャースクールを利用した講習会になりますので、東京に通うのが難しい方でも直接講習を受けられるチャンスが増えます。

全国ペットシッター協会の場合、ペットシッタースクールという学校を運営しており、ペットシッター養成講座を通学と通信で受講することが出来ます。通学のみではありますが、認定ペットシッター資格に加えてパピーティーチャー資格という、子犬のしつけや預かりに関する資格も同時に取得可能です。

また、ヒューマンアカデミーの通信講座たのまなでは、日本ペット技能検定協会のドッグシッター資格、キャットシッター資格を取得できる講座がいくつかあります。ドッグシッター講座、キャットケアスペシャリスト講座がその一例です。たのまなの通信講座では、試験会場に行かなくても自宅で受験出来るのが魅力です。近くに通える受講会場がない、受験のために遠出できないという方には最適の学習方法ではないでしょうか。

たのまなはこちらから