ペット販売士の仕事とは

犬を抱っこするイラスト

ペット販売士とは、日本ペット技能検定協会主催の検定により得られる資格の名称ですが、類似する資格がいくつかあり、それぞれ名称が異なります。ここでは、ペット販売士をペットショップで働く店員と想定し、仕事内容や資格について説明します。

ペット販売士の仕事は、商品である生体の世話や管理だけでなく、店の掃除からペット用品の陳列、接客など、ありとあらゆることをこなさなければいけません。トリミングやペットホテルを行っている所なら、お客様から預かるペットのトリミング、預かっている間の管理も仕事に含まれる場合があります。

いろいろな仕事形態

ドッグフード

一概にペットショップといっても、生態販売を行っている店、ペット用品だけ販売している店、ペット用品とペットサロンの店などと形態は店舗により異なります。その店によって仕事内容も変化します。さらに、生態販売も犬・猫の販売だけを指しているわけではありません。うさぎ、ハムスター、インコ、トカゲ、ヘビ、カメ、金魚、熱帯魚と種類は多岐にわたります。それぞれの専門店もありますし、全般的に取り扱っている店もあります。そのような生体の正しい飼い方や注意事項をきちんとお客様に説明し、責任を持って飼ってもらうためにも、犬や猫だけでなく様々な生体の知識が必要になります。

ペット販売士として経験を積めば、生体の仕入れも任されることがあります。しかし、生体を取り扱ううえで一番覚悟して欲しいのは、命を扱う以上、時に非情な決断を下さなければいけないという事です。ただ、動物が好きというだけでは務まらない仕事です。  ペット販売士の資格を取得している方の働き方は、もちろんペットショップだけではありません。ペットフードやペット用品メーカーに就職し、ペットの生活向上に努める方もいます。

ペット販売士の実際の求人と独立

ペットショップ

ペット販売士(ペットショップ店員)の実際の求人を見てみると、アルバイトやパートでの募集が多いです。また、正社員でも未経験・無資格で応募可能な求人が多数あり、比較的探しやすい、応募しやすい仕事ではないでしょうか。

給与はアルバイト・パートなら時給700円から1000円、正社員なら月給12万から15万くらいです。時折、月給20万と高めに提示されていることもありますが、トリミングなど、他に技術を持っていることが条件になります。

ペット販売士の資格取得を目指す方の中には、自分のペットショップを持つことが目標の方もいらっしゃるでしょう。ペットショップを開業する場合、取り扱う生体の種類によって動物取扱業者の登録が変わってきます。

第一種動物取扱業者の登録が必要なのは実験動物・産業動物を除く、哺乳類、鳥類、爬虫類を取り扱う業者となっています。そのため、犬や猫など該当する種類の動物を取り扱う場合には、第一種動物取扱業者の登録と動物取扱責任者の配置が必要になりますが、その他の魚類や昆虫類などの生体やペット用品のみの販売の場合は第一種取扱業者の登録等は不要になるのです。どんな形態のお店にしたいのか、きちんと決めておく必要があります。

さらに、生体を取り扱う際に重要なのは、生体の仕入先と見極めです。近年では、どんなブリーダーの、どんな親から産まれたのか、先天性の疾患などがないかを気にするお客様が増えているからです。

しかし、どんなお店でも重視されるのは接客の質だと思います。動物に関する知識だけでなく、ペット用品やペットフードに関する知識を得て、ペットの性格や体調に合わせたアドバイスが出来ればリピーターの獲得にも繋がります。

ペット販売士と類似する資格

合格書

ペット販売士は日本ペット技能検定協会が認定している資格です。お客様に対して生体やペットフード、ペット用品について正しいアドバイスと指導を行い、経営経理、関連法令などに関しても理解していると証明される資格ですが、日本ペット技能検定協会のペット販売士以外にも類似する資格がいくつかあります。

全国ペット協会が主催の「家庭動物販売士」、日本愛玩動物協会の「愛玩動物飼養管理士」、協同組合ペットサービスグループ(PSG)の「小動物試用販売管理士」がよく挙げられますが、この中でも家庭動物販売士と愛玩動物飼養管理士の資格は、知名度がある資格だと思います。

ペット販売士関連の資格を取得できる学校・通信講座

たのまな

日本ペット技能検定協会のペット販売士資格は、協会が指定するカリキュラム受講する必要がありますが、ヒューマンアカデミーの通信講座たのまなには、ペット販売士資格が取得可能なペット販売士講座があります。ペット販売士講座ではペット販売士資格と同時に小動物看護師資格も取得できるのが魅力的です。

全国ペット協会の家庭動物販売士は受講の必要が絶対ではなく、受験のみの申し込みも出来ます。しかし、受験のみの申し込みだと試験対策のテキストだけを購入することは出来ませんので独学での挑戦となります。

日本愛玩動物協会の愛玩動物飼養管理士は協会で通信教育を行っていますので、それを受講する必要があります。また、協会の養成制度指定校や養成制度採用校で勉強し資格取得するという方法もあります。

協同組合ペットサービスグループ(PSG)の小動物飼養販売管理士は協会が行っている通信教育を受講するかPSGの指定校で学習することで受験資格が得られます。年一回、全国一斉で試験を実施していますが、通信教育を受講している方は試験前に実施される講習会へ参加する必要があります。11月に試験が実施されますが、申し込み締め切りが6月と早いので注意しましょう。

たのまなはこちらから